rss

CFDを始めるならドルインデックスでテクニカル分析を!

CFD取引を行う上で必要不可欠となるテクニック、それがテクニカル分析です。
そしてこの時、参考になるドルインデックス。
今回はドルインデックスについて目を向けてみたいと思います。

ドルインデックスとはその名の通り、米ドルの総合的な価値を表す指標のことでニューヨーク商品取引所(NYBOT)とFRB(連邦準備制度理事会)がそれぞれ算出しているものの2つが定番です。
ちなみにニューヨーク商品取引所で算出しているドルインデックスのほうは、リアルタイムでチェックできるので使い勝手がよく感じられるでしょう。
ドルインデックスは6つの通貨から構成されていて、ユーロ(57.6%)、円(13.6%)、英ポンド(11.9%)、カナダドル(9.1%)、スウェーデンクローネ(4.2%)、スイスフラン(3.6%)の比率で算出されています。
これを元に過去の価格や時間軸から、今後どのような展開になるのかを予測し取引を行うのがテクニカル分析です。

ただドルインデックスだけを見れば良いのかというと、そんな容易なことではありません。
実はファンダメンタルズ同様、人間の心理も少々絡んでくるので、トレーダーたちの心理状況も予測しながら取引する必要があります。
まずはテクニカル分析を身につける事!
それがCFDを始める最低条件とも言えるでしょう。

FXの拡張版”CFD”取り扱い業者はランキングを参考に!

今や多くの投資家たちから注目されているCFD。
FXの拡張版として認識されている方も多いのではないでしょうか。

FXの取引対象は“為替”のみですが、一方のCFDの取引対象は“個別株”や“株価指数”、“債権”、そして原油や金、銀、銅、穀物などを投資対象とした“コモディティ”まで幅広い分野の取引が可能となります。
1つの口座を開設すれば日本に留まらず、アメリカやイギリス、フランスなど様々な国の個別銘柄を売買することができるので取引の分野が広がります。
FXに少し飽きてきたかも…、もう少し取引の幅を広げてみたい!、という方には打ってつけだと思われます。

しかしCFDを始めるにしても、まずは取り扱い業者を決めなくてはいけませんよね。
業者によっては取り扱っている銘柄の数や機能性、手数料なども異なるので、安易に業者を決めてしまうと後悔してしまう事にもなり兼ねません。
ただ、どこが良いのか1つ1つの業者をチェックするのも面倒で、結局はどういった点が良かったのか分からなくなってしまう事もあります。
そこでCFD取り扱い業者のランキングを参考にして選ぶのもひとつの方法です。
ランキングで上位に選ばれている中から選ぶようにすれば、時間短縮さらに最初から人気の高い業者を調べる事ができます。
しかしランキングは鵜呑みにせず、あくまでも参考に!
この事だけをよく頭に入れておけば、自分に合った業者を選べるでしょう。