rss

CFDを始めるならドルインデックスでテクニカル分析を!

CFD取引を行う上で必要不可欠となるテクニック、それがテクニカル分析です。
そしてこの時、参考になるドルインデックス。
今回はドルインデックスについて目を向けてみたいと思います。

ドルインデックスとはその名の通り、米ドルの総合的な価値を表す指標のことでニューヨーク商品取引所(NYBOT)とFRB(連邦準備制度理事会)がそれぞれ算出しているものの2つが定番です。
ちなみにニューヨーク商品取引所で算出しているドルインデックスのほうは、リアルタイムでチェックできるので使い勝手がよく感じられるでしょう。
ドルインデックスは6つの通貨から構成されていて、ユーロ(57.6%)、円(13.6%)、英ポンド(11.9%)、カナダドル(9.1%)、スウェーデンクローネ(4.2%)、スイスフラン(3.6%)の比率で算出されています。
これを元に過去の価格や時間軸から、今後どのような展開になるのかを予測し取引を行うのがテクニカル分析です。

ただドルインデックスだけを見れば良いのかというと、そんな容易なことではありません。
実はファンダメンタルズ同様、人間の心理も少々絡んでくるので、トレーダーたちの心理状況も予測しながら取引する必要があります。
まずはテクニカル分析を身につける事!
それがCFDを始める最低条件とも言えるでしょう。

Post a comment